FC2ブログ
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2010年07月
ARCHIVE ≫ 2010年07月
       次ページ ≫

≪ 前月 |  2010年07月  | 翌月 ≫

SALE第2段

原宿店では、サンダル30%オフ、
一部サンプル特価
にて、
今日から販売しております。


是非お立ち寄りくださいませ。


SW TOMO
スポンサーサイト



足のトラブル改善法

夏を目前に控え、素足になる機会が増える季節。
ところが多くの方が「外反母趾」や「巻き爪(まきづめ)」など、
足の悩みを抱えていると言います。

命には関わりないからと放って置かれがちの「足のトラブル」ですが、
人によっては一大事に。

深刻な腰痛や肩こりにつながったり、
歩行が困難になったりするケースも起きています。
そこで、「足のトラブル解消術」をご紹介。


★外反母趾(ぼし)対策外反母趾とは?
足の第1趾(いわゆる親指)が小指側に、
20度以上、曲がってしまった状態を言います。
加齢や履物の影響で、足の横アーチがつぶれてしまうこと(開張足)が
最も大きな原因と言われています。


★外反母趾になりやすい人
(1)ハイヒールやミュールが好きな人
(2)足の第2趾(いわゆる人差し指)の付け根にタコがある人
(3)足の第1趾(いわゆる親指)が一番長い人
(4)母親や祖母が外反母趾の人
は、外反母趾になりやすいとされています。


ぴったりの靴で進行を防ぐ外反母趾を
完全に治すには手術が必要ですが、
比較的程度が軽ければ、適切な靴を履いて、
状態の進行を抑えるという方法もあります。

★靴を選ぶ際のポイントは、
(1)自分の足のサイズを知る・・・足長と足囲を測ります。
(2)ひも靴を選ぶ・・・かかとを合わせてから、
ひもをややきつく締め、足の甲の部分をぴったり固定します。
足の横アーチが復元され、外反母趾の進行を抑えることが期待されます。
(3)つま先に1センチほど余裕があるものを選ぶ。
(4)中敷きを入れる
・・・足に靴がよりぴったりとフィットし、
足のアーチが復元されやすくなるため、
外反母趾の進行の抑制に効果があるとされています。



★足に負担の少ないサンダルの選び方サンダルを選ぶ際も、
外反母趾への影響を考えると、次のようなものがおすすめです。
(1)ヒールが3センチ以下で、安定感があるもの
(2)ベルトで甲が締められ、かかとがぴったりのもの


★なぜ巻き爪対策なぜ巻き爪になるの?
そもそも爪は、巻いてくる性質がありますが、
歩行などで指先に圧がかかることで、平らな状態を保っています。

履物や、間違った爪の切り方などが原因で、
爪に適当な圧が掛からないと、巻き爪になってしまうのです。
巻き爪は自覚症状が少なく、病院に来たときには、
すでに深刻な状態になっている患者が多いと言います。
日ごろからよくチェックして、気づいたら医師の診断を受けましょう。


★巻き爪になりにくい切り方は?
指のへりに沿うように四角めに切ります。
深爪や、逆に爪を伸ばしすぎることは、爪に適当な圧が掛からなくなるためNGです。


★足のニオイ対策なぜ足は臭うの?
足はストレスが掛かっていると、大量に汗をかきます(精神性発汗)。
汗をかけば、靴の中は高温多湿になり、雑菌の活動が活発化します。
雑菌はエサである、はがれた角質などを分解しながら増殖し、
その時、あのいやなニオイを発生させるのです。

ぴったりの靴は臭いにくい「ぴったり」「きつめ」「大きめ」の靴を比較すると、
ぴったりの靴が一番汗をかかないため、においにくいと言えます。
その理由は、「きつめの靴」は、痛み=ストレスが掛かるため、
汗が出やすくなるからです。

また「ぴったりの靴」は、「大きめの靴」と比べて、
足を踏んだ時に、狭いすき間によるポンプ作用のため、
靴の中の水蒸気が外に出やすいことが、実験からわかりました。
「ぴったりの靴」は足に優しいだけでなく、臭くなりにくい靴でもあったのです。

デオドラント(消臭)製品も有効活用ドラッグストアに行くと、
多種多様なデオドラント(消臭)製品が売られています。
最近は足に直接塗る、直塗りタイプの製品が人気のようです。
ニオイの専門家、最近は製品の効能が高まっており、
一定の効果が期待できます。

また使うことで、ニオイに対するストレス(不安)が軽減し、
汗をかく量が減るという効果もあるようです。
ただし塗りすぎには要注意。逆効果になることもあります。
元々皮膚にいるニオイを出さない「常在菌」を殺してしまい、
ニオイを発生させる雑菌などが増えやすくなってしまうといいます。

お酢で自宅でできるニオイ対策としてお勧めするのが、
酢を使った足浴。酢は皮膚の角質に浸透し、
持続的に雑菌を抑えてくれるといいます。そのポイントを紹介します。

(1)タライに足の裏がつかるぐらいの酢(200ミリリットル)を入れ、
3分から5分ほど足を浸します。
(2)次に、足のくるぶしが隠れるぐらいまで酢にお湯を足して、
足全体を洗います。洗う時は、足裏の角質の厚いところや、指の間をよく洗ってください。
(3)醸造酢がおすすめですが、高価なので、木酢液や竹酢液を使っても大丈夫です。
木酢液や竹酢液は濃いため、小さじ1をお湯の中に入れるだけで大丈夫です。


この時期に起こるトラブルをまとめてみました。
少しでも、参考になるといいんですが・・・。
過去にも同じような内容をかいております。
良かったらみてみてくださいね。

SW TOMO